選抜高校野球2019の優勝候補を予想!注目する選手とは?

選抜高校野球の季節が2019年もやってきましたね!

気になる優勝候補をご紹介していきましょう!

選抜高校野球2019の優勝候補の1位予想:星稜

今年の選抜は星稜がダントツの優勝候補だと考えます。
エース奥川投手と4番の内山選手という投打の軸がいることがその理由。
MAX150以上の快速球を誇る奥川投手は秋のドラフト一位候補。
普通の調子なら高校レベルではまず打ち込むことは不可能でしょう。
一年生ながら昨夏からレギュラーを張る内山選手も来年のドラフト候補。
このように能力の高い選手がおり、個の能力の高さでは他の追随を許しません。
昨夏の甲子園のように、奥川投手にアクシデントがある以外負けるところが想像できません。

選抜高校野球2019の優勝候補の2位予想:札幌大谷

昨秋の明治神宮大会、優勝候補の本命だった星稜を抑えて栄冠を手にした札幌大谷。
創部から10年の新興勢力ですが、中高一貫校で野球に力を入れて躍進著しいチームです。
投手力は星稜に勝るとも劣らないハイレベル。
140キロ台中盤をバンバン投げ込むエース西原投手に、サイドスローの曲者太田投手の二枚を揃えているところが強み。
打線はやや迫力に欠けますが、明治神宮大会で見せたようにワンチャンスを捉える集中力があります。
星稜を抑えるあたり、かなりの実力派だと見ました。

選抜高校野球2019の優勝候補の3位予想:龍谷平安

高校野球の最激戦区、近畿大会王者。
その実績が超強力なチームであることを雄弁に語ります。
サウスポーの野沢投手は近畿大会防御率0点台。
滅多なことでは崩れず安心感があり、トーナメント慣れしていて先発でも中継ぎで信頼できる投手です。
昨年夏も甲子園に出場しており、野手陣も経験豊富。
昨年からのレギュラーで4番を打った水谷選手を中心に打線にも力があります。
控え投手陣の層がやや薄い点は不安材料。
逆に言えば、冬を越えて2番手以降の投手が成長していれば一気に優勝戦線に踊り出るでしょう。

選抜高校野球2019の優勝候補の4位予想:履正社

2年前の選抜高校野球準優勝校、全国にその名を轟かす強豪校です。
同じ大阪府内に現在高校野球界最強とも言える大阪桐蔭がいるため中々全国の舞台に立てない履正社。
しかし、打倒桐蔭を目指し日々鍛え抜かれており、一度甲子園の地を踏めば高確率で上位に進出してきます。
エースの清水投手は今大会屈指のピッチャー。
全国の強豪相手でも完封完投できる力を持っています。
他にも、中学時代にボーイズ・シニアで全国選抜だったメンバー多数。
潜在能力では今大会最強集団と言えるでしょう。

選抜高校野球2019の優勝候補の5位予想:横浜

関東大会はベスト8に留まり、ギリギリの選出だった横浜。
ですが、実力を発揮すればこんなところで終わるチームではありません。
特に及川投手は素晴らしい大器。
左からMAX152キロの剛速球を投げ込み、一年生の時から甲子園で活躍しています。
球威は文句なしですが、コントロールにやや課題あり。
制球力さえ身につけば無双状態でしょう。
更に、父がヤクルトで活躍した渡会選手という伸び盛りの一年生の注目打者もいます。
秋はチームとしてのまとまりにやや欠ける印象でしたが、甲子園では爆発する可能性を秘めたダークホースです。

選抜高校野球2019 優勝候補